リコピンの効果

リコピンの持つ効果は、まず何と言っても「抗酸化作用」があげられます。ニンジンやカボチャに含まれるベーターカロチンの2倍、ゴマなどに含まれるビタミンEのなんと100倍もの驚異的な抗酸化作用を有しています。

抗酸化作用とは分かりやすくいうとカラダが錆びていくのにストップをかける働きのことで、老化や癌・動脈硬化などの予防にも役に立つことがわかっています。

リコピンの摂取量が多いほど、心筋梗塞のリスクが低くなることも報告されています。悪玉コレステロールを減らしたりカラダを温め代謝をアップすることで、免疫力の向上作用もあると言われています。