トップページ >  リコピン豆知識 >  カロテノイド

カロテノイド

ピーマンの鮮やかなグリーンや黄色、にんじんのオレンジ・・・野菜や果物が持つこの鮮やかな色素は、「カロテノイド」と呼ばる物質です。

自然界に約600種類も存在するというカロテノイドは、紫外線を遮断する働きがあります。植物や果物はこの力を利用して、紫外線から自分の身を守っているといわれています。

残念ながら私達人間は自分の体内でカロテノイドを作り出すことは出来ませんが、カロテノイドを含む食品を摂取することで人の体内でも「抗酸化」の力を発揮することが分っています。

カロテノイドが持つ抗酸化は強力で、医療・薬品業界はもちろん化粧品業界、食品業界などからも注目を浴びています。