トップページ >  リコピン豆知識 >  ベータカロチン

ベータカロチン

緑黄色野菜に多く含まれる「ベータカロチン」とは、トマトに多く含まれる「リコピン」や鮭・海老に多く含ま
れる「アスタキサンチン」と同じく「カロテノイド」の一種です。体の中の錆をとる「抗酸化作用」があり、免
疫機能を向上するという役割があります。

にんじんやかぼちゃなどに多く含まれ、体内ではビタミンAに変化します。ビタミンAは多く採りすぎると目や脳によくありませんが、ベータカロチンは体が必要とする量以上にはビタミンAに変化しないことがわかっています。

脂溶性ビタミンなので、油でいためたりゆでる時に少し油を入れたりすると、体に吸収され易くなります。